So-net無料ブログ作成
検索選択

<年金不正後払い>旧社保庁担当者ら218人厳重注意処分(毎日新聞)

 支払期限から最長2年しかさかのぼって納められない国民年金保険料を巡り、旧社会保険庁(1月から日本年金機構)が04年4月〜06年5月に時効を超えて不正な後払いを644件認めていた問題で、厚生労働省は18日、218人に厳重注意処分をしたと発表した。全体で369人が処分相当者だったが、151人は既に退職し処分できなかった。

 処分は昨年12月28日付で、処分者は当時の社保庁長官。文書による厳重注意が85人、口頭による厳重注意が133人。644件中197件が集中していた京都西社会保険事務所(現年金事務所)の元業務次長については自ら時効を超えた収納を容認し指示していたとして訓告処分相当と判断したが、退職しており処分できなかった。ほかに文書による厳重注意の処分相当者34人、口頭による厳重注意の処分相当者116人も退職し処分できなかった。【野倉恵】

【関連ニュース
日本年金機構:業務始まる 「信頼回復」へ不安と期待
社保庁:分限免職525人 うち401人退職金割増を希望
長妻厚労相:「不祥事申し出を」旧社保庁職員・OBに書面
年金機構:「新組織で信頼回復を」発足式で厚労相
平野官房長官:厚労相に異例の直談判 社保庁職員救済で

説得5時間、「ごめんなさい」と男性投身自殺(読売新聞)
伝統ウォームビズ「ねこ」で仕事=長野県〔地域〕(時事通信)
有床診の発展には「制度的位置付けを」−日医検討委が報告書(医療介護CBニュース)
将棋 久保、的確に寄せ先勝 王将戦第1局(毎日新聞)
将棋 久保、桂得 羽生反撃 王将戦第1局(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。